ストーカー被害に対する損害賠償がスゴかった!!

ストーカー規制法が改正され、さまざまなストーカー被害が報告されるようになりました。

もしストーカーにあってしまったら、弁護士などに相談し損害賠償を請求することができます。

 

ストーカー行為の結果、やむを得ず引っ越しをしないとならなくなったり、防犯のために必要な設備を設置するなどの損害を受けたときは、その実損害の賠償を求めることができます

 

また、病気になってしまったりしてその原因がストーカー行為に基づくのであればその治療費も実損害となります。さらに、行為態様や受けた精神的ダメージについても慰謝料を請求することは可能です。

 ストーカー被害による損害賠償はできる

スポンサードリンク



ストーカーのストーカー行為は、民事上の不法行為に当たりますので、それによって損害を受ければ、ストーカーに対して損害賠償請求は可能です。(民法709条)で定められています。

 

ストーカーに対して請求できる損害としては、実損害と慰謝料があります。

 ストーカー被害による実損害とは?

実損害としては

・病院の治療が必要だった場合の治療費

・物を壊されたり、使えなくされた場合にはそれらのものの財産的価値

・通常相当と認められるような防犯設備を設置したための費用

・従前の住所にいられなくなったために別の場所に引っ越した際の引っ越し費用

・弁護士費用

 ストーカー被害による慰謝料とは?

慰謝料は、精神的な損害に対する賠償金です。

慰謝料の金額に基準はありません。

 

スポンサードリンク



手続きとしては、訴状を裁判所に提出して請求することになります。

通常ストーカー行為を不要行為としての損害賠償請求の訴状は、具体的な事情に応じて、

さまざまですのでネットなどのサンプルをもとに一般の方が作成するのは難しいものとなるので弁護士に相談した方がよいでしょう。

 

弁護士に相談する際の証拠も警察に相談するときと同じようなものを持参するとよいでしょう。

 ストーカー被害による訴状を起こすときの注意点とは?

しかし、訴状をおこすときには注意点があります。

原告として訴状に住所を記載する必要があります。

したがって、通常、訴状はそのまま相手に送られますので、原告の住所を相手に知られてしまうことになるので、ストーカーに住所を知られたくない場合には、注意が必要です。

            ストーカー犯罪から身を守るためには自己防衛が最善策です。
↓↓↓最新の防衛対策については下の画像をクリックお願いします。↓↓↓