ストーカー被害から身を守る方法

ストーカー規制法ができ、改正法が制定され、さまざまなストーカー被害が増えている中、

ストーカーから身も守る方法について書いていきます。

 

ストーカー行為をする加害者の多くは、自分の身内の知り合いや元交際相手であるケースが多いのです。なので、対処の方法を間違えると大きな事件に発展してしまう可能性があるのです。

 

できる範囲で、日ごろから自分の身を守っていかなければならないのです。

ストーカーから身を守るために、自分でできることといっても分からないですよね。

 ストーカーから自分の身を守る方法

スポンサードリンク



まずは、防犯グッズを常備することです。

 

防犯対策と一言で言ってもさまざまあります。

 

必ずカバンの中に入れておきたいのは、防犯ブザーや催涙スプレーなどを持ち歩くことをおすすめします。

 

最近はさまざまなお店で売られていることが増えました。

インターネットで買うことをできます。

 

また、防犯ブザーについては警察署で貸出してくれるのですぐに利用できる箇所につけておくといいでしょう。

 

また、一人で夜道を歩かないようにすることや回収時間ギリギリにごみを出すことも有効です。

 

 ストーカー被害から自分の身を守る方法

スポンサードリンク



そして、周囲にストーカーの存在を知らせておきましょう。

自分だけで抱え込まずに家族や周囲の人に相談しておくといいでしょう。

 

ストーカーによっては、自分がストーカーしていることを周りに知られたくないと

考えているものもいるので、効果がある場合もあります。

 

また、警察には必ず相談しておくようにしましょう。

専門の相談ダイヤルがありますので、危険を感じるようなことがあったらすぐに連絡を入れておくことをおすすめします。

 

 ストーカー被害のためには証拠を残しておく

すべての証拠を残しておくことも大事です。

ストーカー行為を受けた証拠はすべて残し、相手の行動や言動に対して、リアクションを一切しないということです。

 

無視しても、何らかのストーカー行為を繰り返してきても、リアクションをしてはいけないのです。

メールや電話の着信拒否はリアクションしたことになるので放置することです。

そしてその記録をすべて残しておくことです。

 

そうすることで、警察や興信所などに相談する際に証拠として提出できますし、万が一裁判などになった場合にも利用することができます。

 

何かあってからでは遅いので、

自分で自分の身を守っておきましょう。

            ストーカー犯罪から身を守るためには自己防衛が最善策です。
↓↓↓最新の防衛対策については下の画像をクリックお願いします。↓↓↓